鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

テンカラを志す
 えーっ・・・以前にも書いたとおり、テンカラ竿を注文しました。
しかし渓流に行くわけではありません。

え?なぜかって?

入漁漁を払うのが勿体無いからです(汗

といいながら渓流釣りを避けてます。
まぁ本当の理由は、以前S川の源流部で釣りをしたときのこと・・・(密漁じゃないですよ~)

滝つぼに2匹のアマゴらしき魚影を発見。
静かに下りていって買ったばかりのスプーンをダウンストリームで岩陰からキャスト。
正確にサミングをしてルアーだと気づかれないようアピール・・・

そして・・・

コツっ

うあ!バイト!よし一気にアワせ!!
ってもう遅いんですよ。遅くあわせてても十分獲れちゃうブラックバス。
疑似餌だと気づいてから離すまでの時間が零コンマ数秒だというアマゴ。

あきらかに今のままではつれるはずがありません。

そこで私は考えました。

アマゴから逃げようorz

嗚呼、なんて弱々しい考えなんだ・・・。
そんなことでは一生アマゴがつれないぞ。

ってことで今のうちにテンカラでバスや鯉を狙って、高校進学と同時にアマゴ釣行スタート!
やっぱ一度悔しい思いをしてるので釣り上げないと何か負けた気になります。

という意味も込めてのテンカラスタート。

しかし一番釣ってみたいのが鯉。
フライでも簡単に釣れるといいますし、延べ竿で釣る鯉は格別なんだとか・・・。

今考えてるものとしては、道糸はフロロ16ポンド、リダー6ポンド。
必要に応じてリダーを太くしたりしてみるつもりです。

では。
[PR]
by massrod | 2009-07-03 22:38 | タックルの話 | Comments(0)
<< ラバージグでヘラブナ コメントについて >>

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march