鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

ハヤ毛鉤仕掛け製作
 ドライを見た瞬間逃げる、或いは吸い込んでもフッキングしないなどの問題を解決すべく購入したハヤ毛鉤。
その小ささをぜひ見ていただきたい。

f0200558_2234875.jpg

一般的なドライフライとの比較(市販のやつなんでフックサイズ不明)。
手前の黒いほうがハヤ毛鉤、奥の茶色いヤツがドライフライ。まさに極小。

これなら釣れるでしょ!とりあえず今回作ったのは、
以前考案した、コレ
とりあえず一本蚊鉤、二本蚊鈎を両方製作。

一本蚊鉤仕掛けは、黒の毛鉤を電車結びでハリスにつないでおきました。
二本蚊鉤仕掛けのほうは、ミチイト+ハリス+ハリス付き黒毛鉤。ハリスの部分にチチワを作ってエダハリスとしてハリス付き赤い毛鉤。

ハリスが細いので神経使いました・・・。
電車結び初挑戦でしたがなんとか完成。

つれるといいなぁ~。

では。
[PR]
by massrod | 2009-07-25 22:15 | タックルの話
<< 毛鉤選びは空気を読め! ハヤ毛鉤 >>

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march