鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

奥深きカワムツ釣り
 今日は午前中はタカハシ氏とともに某川と某川の支流で釣りをしてました。
午後からは用事で榊原の方へ行ったのでついでに竿を出してみました。
両方書くと長くなるので前者は追って書きます。とりあえず短くてすむ後者から・・・。

一級河川、榊原川。綺麗です。
とりあえずY橋から川原に下ります。

仕掛けをセットして竿を振る。
毛鉤はハヤ用毛鉤の油孔雀。一向にアタリなし。魚影なし。
とにかく浅くて水が少ない・・・。

ってことで川を下りながらアップストリームで毛鉤を流し続ける。
川底にギラギラと光る無数の魚を発見。
そこを狙って少し上流から毛鉤を流すと・・・・!

無視orz

何度も繰り返すが一向にアタリなし。
ほとんど諦めかけていたころ・・・

ピチャ!

っという鋭い(?)捕食音と共にカワムツが飛び出しました。
f0200558_21544134.jpg

小さいですねぇ~。引きは殆どありませんが釣れると楽しい。

f0200558_21552931.jpg

川はこんな感じでございます。この下流に落ち込みがあって鯉が屯してました。

4時前・・・アタリがとまりません。しかし乗りません。
やっとの思いでフッキングに成功した一匹、カワムツでした。
f0200558_21571382.jpg

良い引きでした。同じサイズのオイカワよりも少々強いです。

このあともアタリが絶えませんでしたが乗らず・・・。
そろそろ時間が来ていたのでオイトすることにしました。

釣りの外道として親しまれている、場合によっては嫌われているカワムツ。
専門に狙っている人は極めて少ないですよね。(水口憲哉氏はカワムツ釣が趣味らしいが・・・)
しかし今日初めてカワムツをテンカラで釣ってみて無限大の可能性を感じました(大袈裟)。
オイカワ同様ゲーム性はかなり高いかと思います。
臆病で獰猛というどこか矛盾した感じにとても魅力を感じます。

いやぁ・・・実に奥が深い!

では。
[PR]
by massrod | 2009-10-31 22:04 | カワムツ
<< 生態調査結果報告 某川生態調査 >>

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march