鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

革命スタイル
 最近のバスの雑誌って、ちょっと理解に苦しむような内容でがちらほらあって、
「ナントカプロのオカッパリファッションチェック」みたいなコーナーがあるんですよ。

しょーもな(´・ω・`)

みたいに思うんですが・・・ついつい見ちゃいますw

上はダウンジャケット、ズボンはスキニー、靴はコンバースオールスター・・・。
極めつけは、“ビンテージ加工”が施されたメッシュキャップ。

釣り場へ行けば、こんな格好をした人ばっかり。
時にはジャージやスウェットで釣りをしてる諸兄方も・・・ふっ、低俗めw

それを見るたび、なんも分かっちゃいねぇなぁコイツら( ´,_ゝ`)プッ

・・・みたいなw


じゃぁ、オマエはどんな格好で釣りしてんだよ・・・と思われたそこのアナタ。
ワタシの革命スタイルをご紹介いたしましょうw

上は、MA-1です。べつに寺脇何某氏に憧れるわけじゃないです。
コレは金髪エセとび職仕様ではなく、空軍仕様です。誤解のなきようw

ズボンはカーゴ。
自分は迷彩と、アウトドア用股上深めのカーゴ。
これらも、渋谷系低俗仕様のエセカーゴではなく本物のアウトドアを目指してますw

帽子は迷彩ブーニーハット。
コレはただの軍隊ヲタの趣味なので意味はありませんが、首周りの日焼けは防ぐ・・・はず。
日焼けを気にするなんて女々しいヤローだぜ!と思われるかもすれませんが、
健康のためにも首周りは焼かないほうがいいです。釣りは体が資本ですからな。
それにグチャグチャにしてポケットに突っ込んでも型崩れしない。

靴は低山登山用の登山靴、所謂ハイキングシューズ。
これはサイコー。絶対買うべし。
ゴロタ場でも転ばない、少々の雨なら大丈夫、一日歩き続けても疲れない・・・etc・・・。
これは本当にオススメ。スニーカーで釣りをしているアナタにお勧め。

でも、ちょっと迷彩多すぎてキモいよっていうご意見をよく戴くので、
迷彩でないレインウェアにウェーダーというスタイルで釣りをすることにします。

おそらく、真の革命スタイルが完成するのは来年度になるでしょう。

では。
[PR]
by massrod | 2010-02-26 23:28 | タックルの話 | Comments(0)
<< 嗚呼、舶来物 しばしさらば >>

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march