鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

カムを浮かせろ!
 皆さんご存知のの通り、カルディアKIXはS字カム式のリールなんですよ。
巻き味はドライ&ノイジー。ウェット&シルキーなカーディナルとは真逆です。
とくに、左を上にした状態・・・つまりオシレートギアの上に摺動子がきた状態でハンドルを回すと・・・

ブゥオゥオゥオゥオゥオゥオゥ      (;゜Д゜)       

といった感じ(汗

この音を解消するには・・・摺動子とオシレートギアの間にワッシャーを入れて、
摺動子とオシレートギアの間にクリアランスを作る「カムのフロート化」が有効らしい。

でも、KIXの展開図をみると、オシレートギアOリングなるものが・・・!?
どういうこと!?サッパリわからん。また進展があれば報告しますね。

【一時間後に追記】:オシレートギアOリングが何者なのか発覚しました。
カム式リール独特の振動を吸収し、フィーリング向上に一役買っているそうですが・・・。
じゃぁ、ワッシャーつけてもノイズはの大きさは一緒なのか!?

では。
[PR]
by massrod | 2010-03-01 21:09
<< カルディアKIX、お前もか! 嗚呼、舶来物 >>

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march