鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

RYOBI CASPRO V-MAG 3U 今後の計画
 こんばんは。

昨夜の記事で書いた通り今は亡き釣り具メーカー(亡き、というか撤退した)であるリョービのリールである、
キャスプロV-MAG 3Uで改造遊びをしようというお話です。

とりあえずバラせるところまでバラしてみました。
オリムピックにしてもリョービにしても、廉価版にも関わらず細かいところまでちゃんと作ってあって、なんというかカッチリしてます。
このキャスプロは“CARBO V-MAG 3U”つまりカーボンボディーです(某有名リールサイトによれば昔の所謂カーボンリールはカーボン繊維を混ぜた樹脂で出来てるらしいです)。
最近もカーボンリールが流行りですが、何万円もするリールですらタップビスで止めまくってあります。
しかし廉価版のはずのキャスプロにはインサートナットのがインサートしてありビスで止められるようになってます。

余談ですが、釣りを始めたころは家の倉庫に転がってた安物スピニングリールを使ってました。
これが旧オリムピック社製のCOLT LT400というリールでして、プラスチック製のコストダウン仕様でしたが、ベールアーム支持部が金属製のシャフトで支持されていました。
一方カルディアKIXは1万円以上もしたのにタップねじで止められていました。そのおかげで一年使ったらベールアームの角度が狂っちゃってライントラブル続発・・・。

で、今後どうやってイジっていこうかという計画です。
スプールの初速を上げるためにはスプールをスムーズに回す必要があるのでベアリング追加は必至です。
スプールシャフトの両端とメインギア軸のフレーム側をそれぞれ支持しているブラス製(多分)のブッシュをベアリングに交換するつもりです。
あとメインギア軸をボディー側で支持しているアルミ製のカラーをローラーベアリングに変えようかな・・・と。
瞬間ストッパーには賛否両論ですがこれはあくまで改造を遊び企画なのでまぁいいでしょう・・・。
しかしローラーベアリングをつけるにはボディーにインサートされているブッシュの内径を1mm広げないといけません。ということでとりあえず瞬間ストッパーは保留。

とまぁこんな感じです。
こんな字ばかりのブログを読んでくださる人はいるんでしょうか・・・そろそろ釣り行って写真載せないと・・・。

では。
[PR]
by massrod | 2013-05-28 00:17 | タックルの話
<< キャスプロV-MAG 3U近況 ベイトフィネス >>

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march