鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

ネイティブトラウト
 こんばんは。

今日はタカハシ氏と共に青山高原一帯を水源に持つ渓流へ行ってまいりました。
それらの川は放置されており漁業組合が存在しないため入漁料は不要(禁漁期間は存在するので注意)ですが、
代わりに放流はおろか川の手入れもろくにされていないため、入渓し辛く中々大変です。
生息しているアマゴは野生、或いは、過去に放流された(近隣の幼稚園などが授業の一環として数十年前に一度だけ放流を行っている)個体が野生化した所謂“ネイティブトラウト”であります。
(※河川名や場所の公開については賛否両論ありますが、今回は一切の情報を伏せますので悪しからず。)

 最初のポイントに到着。
川幅は狭いですが、雰囲気たっぷりです。周りは植林なのでキャストがしやすく中々快適。
f0200558_23121657.jpg

スプーンをキャストしますが反応が無いのでミノーニチェンジ。しかし一向に反応なし。
そこでアピール力の強いゴールドブレード+赤針のスピナーを投入。
f0200558_23112814.jpg

数投目で来ました、アマゴ!痩せていますが綺麗な魚体です。アマゴやヤマメはよく宝石に例えられますが、本当に美しいですね~。
半分水につかってて小さく見えますが20cmほどありました。

そして昼休憩を挟んで違う川へ・・・。
f0200558_23221283.jpg

釣れないなぁ~と思っていたところへ小さな魚が・・・。
カワムツかオイカワかなと思ってランディングすると・・・アマゴでした(笑
f0200558_23301011.jpg

小さくて可愛いですね。朱点が控え目で、これぞネイティブといったところです。

本日はこれにて終了でした。

名前すらないような放置された川ですが、そんな過酷な環境の中でもアマゴはどっこい生きているんですね~・・・なんだか感慨深いです。
また夏ごろになって水が増えれば行ってみようと思います。

では。
[PR]
by massrod | 2014-03-16 23:40 | アマゴ
<< 久々に鯉を… リンク更新 >>

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march