鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

近況
 こんばんは。

久々の更新です。
ロッドもウェーダーも新調致しましたので満を持して約一年ぶりとなる渓流へ行ってまいりました。

 8月19日、この日は釣友のタカハシ氏とともに何本か雲出川水系の渓を釣ってまいりました。
朝、自宅までタカハシ氏に車で迎えにきてもらい出発。このブログは自分が中学生の頃からやっておりますが、
当時は何時間も自転車を漕いだり電車やバスを乗り継いで川に行っていましたが、いまや車で行くほどに・・・
非常に感慨深いです(自分は自動二輪免許しか持っていないので、同乗専門です(笑)

1本目の川、魚影はそれなりにあって、追いかけてもきますが、如何せんサイズが小さくフッキングしない・・・。
橋梁付近のトロ場でなんとかヒット。
f0200558_21493088.jpg

小さいですが果敢にもルアーに食いついて来ました。

そしてどんどん釣り上がりますがイマイチ・・・途中で昼食を摂り別の川へ。
こちらの川は去年わりと印象が良かったので私の希望で向かいましたが、結果はやはり微妙・・・。
一本眼の川同様、魚はいるが小さいといった印象。なんとか滝つぼで一匹ゲット。
f0200558_21543838.jpg

この川は放流等の繁殖事業が行われておりませんので、そういった事情を加味すれば悪くないサイズですが、もっと良いサイズが居るだけに惜しい・・・。

そうこうしているうちに時間も経ったので次の川へ。
こちらはタカハシ氏一押しの川です。自分は初めて行った川ですが、わりと開けており入渓しやすく、
魚影もそれなりに確認できたのでなかなか良さそう、といった印象です。ボウズでしたが・・・(汗
こちらも魚が小さい。大きなのも居るはずなんですがね・・・どこへ行ってしまったのでしょうか。

ということでこの日はお開き。

 8月27日、この日は昼からヒマでしたので一人でバイクを走らせ、上記の19日の釣行で2本目に行った川の様子見に行ってきましたが・・・
前にもまして全く釣れない・・・朝方降った雨で水量、水温ともに申し分ないといったところですが、
ルアーを追う魚すら確認できません。めげずに釣り上がるがとうとう川が二股に分かれる場所へ・・・
源流部で川が二つに分かれると極端に水が減ったりするため自分はいつもそこで竿をしまうんですが、
なんとなく釣り上がってみることに・・・今まで行った事がない流域でしたがなんと驚き・・・小さいながらも魚が沢山居るではありませんか・・・
そしてなんとかフッキング!
f0200558_2261762.jpg

う~ん小さい。しかし本当に浅く狭い、そして水も澄み切ったかなりの上流部(側道すらない)ですので釣れただけでも喜びは大きいです。
朱点は控えめで鰭も美しく尖っていました。まさしく野生の鱒であります。
本当はもっと上まで行ってみたかったのですが、昼から出てきているのでもう夕暮れ。惜しみつつも川に別れを告げ下る事に。

2日間の釣行の感想ですが、活性はイマイチのようです。連日の猛暑で魚もやる気をなくしてるんでしょうかね。
何はともあれ、一年ぶりの渓流、久々に童心に返った心地がしてなかなか楽しめました。
大きな台風が来ているらしく水害の影響が心配ですね。魚たちの無事を祈りましょう。このブログをご覧の皆様もお気をつけ下さい。

では。
[PR]
by massrod | 2016-08-28 22:16 | アマゴ
<< 性懲りもなく・・・ 新兵器 >>

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march