鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
思うことNo.1-5
更新サボってました(汗
すみません・・・。

「思うこと」暫く書いてみました。
また数個ほどたまり次第新たにこのカテゴリーに投稿します。

-----------------------------------------------------

No.5【軽量化】(10.0919)

 リールは、ロッドに対するバランスがとれていれば軽いほうが良いだろう。
だからメーカーも上位機種になれば軽くする努力をする。しかし、中にはちょっとばかり重いリールも在る。
そうなると“軽量化”するひとも自然と出てくる。
我愛機エメラルダスは、ロングハンドルとウッドノブを取っ払って、
ショートハンドルとコルクノブにしてある。最初より10g近く軽くなった筈だ。

でも世の中にはリールを穴だらけにして“軽量化”する。
これじゃぁ回転バランスも重量バランスもあったもんじゃない。

ミニ四駆世代がリールを“軽量化”するとこう成るらしい。


No.4【バスプロ】(10.09.09)

バス雑誌に出てくるやつ(バスプロ)がキモい。
無精髭に、いい歳こいて茶髪。どれをとってもアツクルしく、
ページをめくるたびに吐き気がする。

いい年してきもちわりぃぞ。なんとかならんのか!



No.3【心理戦?】(10.09.08)
 
 我愛機、初代エメラルダス2506のドラグ滑り出しが悪い。
ワッシャー云々グリス云々の問題ではなく、ドラグのクリック音を出す為の板バネの所為だ。
これはクリック音が大きめなかわりに、大きな抵抗が掛かりドラグの滑り出しが悪い。

其れに対し、初代プレッソは板バネが弱く、音が小さいかわりにドラグがスムーズに滑り出す。

そんなプレッソのドラグ音が頼りない、と云う理由でエメラルダス用の板バネに換える人が結構居るようだ。
どうやらそれを“爆音ドラグ”とか云うらしい。

確かに、ドラグ音は大きいほうが「今、デカい魚を釣ってるんだなぁ」と酔うことが出来る。
それに、少々ドラグの滑り出しが変わったところで釣れるか釣れないかにはあまり関係しないだろう。

しかし・・・“爆音ドラグ”に換える人々の殆どは、「トーナメント(管釣)で勝つ為」だとか・・・。

・・・え?なんでドラグ音がデカいだけで勝てるんだよ。

聞いて驚く勿れ、「心理戦」だと云うのだ・・・!
デカイ音を轟かせて釣れたことを周りに知らしめる為らしい。

(゚Д゚)ポカーン



No.2【リールのハンドルに思ふ】(10.09.08)

 リール用(とくにスピニング)のハンドルが色々出てる。
バ×ートとかメガ×ックとか色々あるけど、個人的にああいうハンドルは許せない。

やたらゴチャゴチャしてて、これでもか!ってくらいクネクネに成ってたりする。
ああいう形が流行みたいですけど・・・ちょっと分かりません。

もっと云えば、“中2臭がする”わけですよ。
更に云えばセンスの無さを感じる。

無難なデフォルトだけが良いとは云わないけども、あれは良くないだろ・・・と。
人それぞれ好みがあるのは当然ですけど、やっぱりあれは許せません!



No.1【管理釣り場に思ふ】(10.09.08)

 最近、管釣がいよいよスポーツ化されてきた。

「縦釣り」とか云うのを良く耳にする。
エサ喰い専門ペレット鱒を効率よく釣る為に使うらしい。
それってどーなの?と思う。

管理釣り場が悪いんじゃなくて、「夢の3桁」とかホザいてる連中の貪欲さが悪い。

大体“効率よく釣る”って何?
「夢の3桁」って何?

そういえば、ザウルスのサイトに「一匹の魚とどう関わるか?」みたいな事が書いてあった。
縦釣りだの横釣りだのと喧しい連中には一生掛かっても分からないだろうなぁ・・・と思う。

世間を知らない魚を「縦釣り」とか云ってカッコつけてイジめてるのを、
平気で「これはスポーツなんだぜ?(どや顔)」みたいなのはどうかと思う。

-----------------------------------------------------

では。
[PR]
by massrod | 2010-09-20 19:16 | 思うこと | Comments(2)
グリス
 エメラルダスのグリスを換えたいんですよ・・・。

デフォルトでスカスカだったのでダイワのスプレーグリス注してみたら更にスカスカにorz
御尻のカバーを開けて放置して揮発を待ってみましたが、依然としてスカスカ・・・。

けっしてエメラルダスの巻き味が悪いわけではないんですが、
自分の中でベストなのは、カーディナル3Eの巻き味なワケです・・・。
決して回転は軽くないですか、滑らかさはステラ以上(ステラ触ったこと無いですけどねw)な筈です。

しかし、ウォームギアとウォームシャフトでは機構が全く違うので、
比較するのが野暮と云うものですが・・・少しでも近づけたい・・・。

となると、シマノのグリスがベスト・・・らしいです。
釣具屋に云えば、パーツ扱いで取ってくれるらしいので、ロッドの修理のついでに頼みましょうかね~。

では。
[PR]
by massrod | 2010-09-07 23:49 | タックルの話 | Comments(1)
ポイント開拓
 えー、昨日はタカハシ氏と二級河川某川ポイント開拓に出かけました。

ホントは雲出川本流で釣りをする筈でハナシを進めておりましたところ、
名松線の始発列車の時刻が遅すぎてハナシにならんので波瀬川に変えたんですが、
当日、2人とも寝坊をすると云う、なんともトホホな結果となり、近場の某川に変更しました。
(言い訳をしておくと、起きたのは私のほうが早かったw)


で、とりあえず最初のポイントへ。
鯉を釣りに行くときによく行くポイントを探る。

ジグヘッドに白グラブの組み合わせてキャストすると、早速鯉が寄ってきますが、
吸い込む直前に見切る。何度やっても同じ。ルアーを変えても同じ。

タカハシ氏がバスが「小さいがバスがいるぞ」というので伝家の宝刀ワッキーリグをキャストすると、
小さなバスが飛び出す。

そんなこんなでポイントを変える。

下流には見えバスが多かった。
タカハシ氏が投げたポッパーに勢い良く反応するバスもチラホラ。

さらに下流の堰堤下では40UPもチラホラ…。
しかしコイツらの年季の入りようは中々であらゆるルアーを全て無視。

そこでワタシに鯉がヒット。
50~60くらいであまり大きくない鯉でしたが、30分間絞られ続けました。

で、上流へ。
最初のポイントよりも更に上流へ。

そこは田畑の間を流れるよう水路のような感じですが、
15cmほどのバスがわんさか!トップでも釣れるという恐ろしいチビバスでした。


で、ロッドのティップがいきなり折れるorz

修理代8000円とか…orz


ではorz
[PR]
by massrod | 2010-09-06 23:03 | ルアー五目釣行 | Comments(0)

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march