鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
冬はテンカラ
 今年の冬はテンカラするか~。
寒ハヤ釣りに打ち込むつもりがエメラルダスが入院→やる気なくすorz

ということで…

寒ハヤが駄目だな寒ハエだろう。

とりあえず雲出川、大村川、榊原川、長野川あたりをウロウロしてみます。
うぉー考えてる今からwktkしてきた…!

では。
[PR]
by massrod | 2010-11-28 02:04 | 釣のハナシ色々 | Comments(0)
秋を満喫
 今日は昼から独り気楽に雲出川でテンカラしてきました。
以前、波瀬川へ行った際に、釣り納めがどうのこうの…と云う話をしましたが、
昨日ふと足元を見やったら無数のオイカワやらカワムツが居たので今日はそこへ行ってみました。

とりあえず目的地へ向かう。
f0200558_20257.jpg

途中の景色。草を丸めて近くの牛舎へ運び込んでました。北海道みたいですね~。

f0200558_2035463.jpg

f0200558_2042471.jpg

いい天気です。

あっちやこっちで写真を撮っている間に目的地へ…。
f0200558_2052268.jpg

雲出川に立ち其倉橋を臨む。

f0200558_2073973.jpg

同じ場所から上流を臨む。

しばらくこの付近で竿を振りました。
一回ヒットしました足元でバラシ…そのあと一向にアタリ無し…。

ってことで数百メートル上流の流れ込みへ。
f0200558_2010266.jpg

f0200558_20102529.jpg

川はこんな感じ。


f0200558_20124396.jpg
瀬はこんな感じ。

f0200558_20193358.jpg

直ぐ傍を電車が通っています。

f0200558_20143496.jpg

中型のカワムツがヒット。アベレージはこんな感じ。

f0200558_2015115.jpg

小さな子がヒット。

f0200558_2015527.jpg

オイカワさんもいました。

f0200558_2018335.jpg

このあとヒットが結構続きましたが、狭いのですぐに場荒れ…そろそろ日も傾き始めたのでお開き。

f0200558_20203389.jpg

これは近くにあった木。郷愁を覚えます…(今住んでる所は故郷です(汗)

f0200558_20254459.jpg

帰り道、マズメ時の其倉橋を臨む。水面に沢山の波紋ができてました。捕食タイムのようです。

f0200558_20273265.jpg

其倉橋から下流を臨む。

f0200558_2028261.jpg

同じく其倉橋から上流を臨む。

f0200558_20311315.jpg

1枚目の写真を撮った辺りから。


秋も深まってきた今日この頃…やはり雲出川は美しかった。

では。
[PR]
by massrod | 2010-11-21 20:39 | テンカラ五目釣行 | Comments(2)
エメラルダス緊急入院orz
 今日は10時ごろから気楽な独り釣行してました。

とりあえず須ヶ瀬(地元ネタですみません)から攻めるも反応無し。
川原で昼食を済ませ、其倉(地元ネタですみません)へ行く…浅い&石底で魚の気配無し。

ってことで大仰(地元ネタですみません)まで行きニゴイヒット!

無事ランディングするが、ネットに魚が入った瞬間にバランスを崩し地面に手をつく…。

泥底にエメラルダスが埋もれるorz

ハンドルが回らなくなるorz

ギアが欠ける危険があるので、超特急でフィッシング遊津店へ駆け込みメーカー送りに…。

あぁ、なんてこったorz
ちなみにニゴイは40cmくらいでした。心が折れかけていたので写真無し。


では。
[PR]
by massrod | 2010-11-20 18:38 | ニゴイ | Comments(0)
あゝ雲出川
 今日、タカハシ氏(Fly Fisher氏)と安濃川へ行ってきましたが、
下流へ行ったり上流へ行ったり海まで行ったり…殆ど歩いただけでした(汗

安濃川で釣りをしてみて雲出川の美しさを再認識しました。。。

川の周りに住む人間(地元住民)は川に関心が無さすぎです。
治水や何やらといって、水の少ない雲出川にダムを幾つも作ろうという考えが御上に有る訳ですから、
無関心は川の破滅を呼ぶのではないかと思います・・・。

以上、思うことでした。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ランディングネット買いました。
このときのネットが割れてしまったので新調したんですが、全く同じヤツです。
冬は雲出川の“ウグイの鬼”に成るのでネット必須!

ラインも変えてみました。
エメラルダスに最初に巻いていたのはサンヨーのGTR ULTRA、次に同社GTR PINK SELECTION、
で、今度はバリバスのGAME 6lbにしました。地味ですorz
今までは色つきのお洒落なラインだったんですが、今度は青白いだけですorz凄く冴えませんorz

ウグイ釣りまくります(゚∀゚)

では。
[PR]
by massrod | 2010-11-14 22:07 | 思うこと | Comments(5)
サバイバル
 昨日は久々に鯉が釣りたくなり、近所を流れる某A川に行って参りました。

以前にも何度か述べた気がしますが、某A川は津市内を流れる小さな川です。
下流部になると川幅は数メートルほどになりますが、上流部は対岸まで跨いで行ける程度しかありません…。

とにかく鯉が多く、フナやらバスやらギルやら取り敢えず魚影は濃い。
鮎もいます。最近では数も減った雷魚さんも健在です。

河口付近では60cm級のシーバスもヒットするとか…。

水質もあまりよくなく、ゴミも少なくは無いですが、いい川です。


 で、昨日。

鯉を釣る時は何時も最初に始めるポイントから釣り開始。
反応は極めてよく、果敢にルアーを追いますがなかなかフッキングしない。

そうこうしている間に場荒れしたらしく、ブルーギルしか居なくなったのでポイント変更。

先ほどのポイントの数百メートル下流に在る堰堤下を攻める。
落ち込みになっており鯉が数匹たむろしていましたが、いずれもフッキング出来ず。

そして更に下流へ向かいますが先行者が居たので最初のポイントへ。

かなり時間を空けたにもかかわらず鯉は戻ってきていません。
どうやら時合を誤ったらしいので、実績のある上流部へ。


ここは足場が非常に悪い。
岸と川の落差が3m近く、ほぼ垂直な護岸であるため、ここでデカい鯉を掛けると身動きが取れなくなる。
しかし以前、十数メートル上流で護岸の形態が変わっている事を知り、
此処から降りて事無きを得た事が2度ほどあるため今回はいささか強気だった。

で、なんなくヒット。

しかし問題発生。なんと上流に移動できない。
対岸に生えている木がこちらの岸へ向かって川面を覆っている為糸が通せないのだ。

暫く考えた末、タカハシ氏(Fly Fisher氏)に応援要請をしたが、あいにく外出中。

ドラグを使い鯉をあしらいつつ、また暫し沈思にふける。

上流に移動できなければ下流はどうか…。
下流はまさに密林地帯で蔓と木が護岸の無い崖に密生している。
地はぬかるみ、まさにアマゾン或いは南方の島国の渓流と云ったところだ…。

10分ほど考え、道はコレしかないと決断。

 まず、ベールを起こし糸をフリーにして岸に置いて鯉をあそばせておき、
その間に落ちていた木の棒で蔓を払い“ジャングル”の入り口を作る。

そしてロッドを手にし、いざ鎌倉!

まず左手にロッドを持ち右手で蔓を掴む。
地面がぬかるんでい、足がすべる為、蔓が命綱となる。

蔓から蔓へ…下流の浅瀬を目指す。

辛うじて踏ん張れそうな場所を見つけるとそこに立ち、崖にもたれ休息をとる。
そしてまた下流の浅瀬を目指す。その作業を繰り返していると…

ブチっ ズルっ

掴っていた蔓が千切れ、崖をすべり落ちる…あと数センチで冷たい川へ落ちるところを何とか踏ん張り、セーフ。

そしてまた蔓から蔓へ、時には木につかまる。
両手が必要になった時はロッドのブランクを口でくわえながら移動。

それから何度か水面に足を突っ込みそうになりながら、なんとか浅瀬に到着。

あとは緩めていたドラグを締めなおし、一気に引き寄せる。
f0200558_204421100.jpg

1時間近くにも及ぶ壮絶な戦いを制した瞬間でした。

鯉をリリースし、あとは来た道を戻る。
帰りはタックルを仕舞い、両手が自由になっていたので難なくパス。

f0200558_2047589.jpg

昨日はコイツに助けられました(写真はちょっと加工してありますが、昨日撮ったものです)。
アメリカ軍がベトナム戦に使っていたジャングルブーツのレプリカです。
アッパーは合皮で安物ですが、ソールはしっかりと機能してくれていました。

雨が降って一層滑りやすくなった腐葉土の上を、蔓に掴りながら移動するという悪条件を切り抜けられたのも、
このブーツのソールがしっかりと地面を捉え、グリップしてくれたお陰でしょう…。

助かりました。そして疲れました。

しかし、また一段と釣りを好きになった気がしました。

では。
[PR]
by massrod | 2010-11-04 20:52 | コイ | Comments(4)

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march