鱒竿革命

究極のバーサタイル・トラウトロッドを目指せ!

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ロッド選び
 こんばんは。

もすうぐ渓流も解禁ですね。
ということで新しいロッドを買おうかな・・・と。あくまで予定ですが。
で、今使っているシマノ TROUT ONE SPECIAL 56UL(6年前の型落ちモデル)ですが、
自分のよく行く川やらよく使うルアーやら色々と考えますと少し長いし硬いんですね。

釣っているのは小さい魚ばかりですし、行く川も川幅10mに満たないようなささやかな流ればかり・・・。
たまに鯉も釣りますが50cm級なら56ULで余裕です。ルアーに関してはスプーンとスピナーが主流ですから2g~3gが殆どです。

そして色々と調べまして候補に挙がったのがジャクソン社のカワセミラプソディ47UUL源流モデルです。以下スペック。

TULN-472UUL Kawasemi rhaposody headwater model
■Length:4'7" ■Section:2pcs ■Lure:1〜5g
■Line:1〜4lb ■Action: ■Power: ■Self Weight:71g
■Closed Length:72cm ■Top Dia/Butt Dia:1.4/6.0mm ■Material:


といった感じ。アクションとパワーが何故か空欄ですがこの手のロッドならアクションはおそらく7:3か6:4でしょう。
パワーは名前の通り読んで字のごとくUUL、ウルトラウルトラライト・・・他社で云うところのSULとかXULでしょうか。
ラインはいつも4lb、ルアーは2~3gを使っているのでちょうどいい。そして何より長さが良いですね。

で、問題は見た目。私の使っている旧トラウトワンスペシャルは素っ気ない見た目ですがこれがなかなかかっこイイんですよね。
飾り気のない感じが日本の渓流や里川の雰囲気にピッタリですし、ド派手なエメラルダスとの対比も良いです。

で、こちらが問題のTULN-472UULです。

f0200558_20554336.jpg

うーん・・・ブランクスのカラーやリールシートはいいんですがグリップがどうもね・・・
くびれとエンドの丸っこいのがどっちつかずなハンパな形で気に入りませんね・・・。

しかし今はネットでなんでも手に入りますからね。グリップもロッドメイキング用の汎用素材が出ておりますから、
グリップが気に入らなければ換えてしまえばいいんです。ということでグリップとエンドを換えたイメージ図をサクっとフォトショで作成。

f0200558_20554614.jpg

どうです、こっちの方が断然いいでしょう!かっこいいですね~。

ウェーダーも裂けてる上にカビまで生やしちゃったのでこちらも新調しなきゃいけませんし、
他にも色々と欲しいものがありますから実際に買うかどうかはわかりませんが、買うとしたらカワセミラプソディですかね・・・。

では。
[PR]
by massrod | 2015-02-22 21:09 | タックルの話 | Comments(5)
初魚
 こんばんは。

本日は朝10時ごろから釣友のタカハシ氏とともに実家の近所の某A川へ行ってまいりました。
寒い時期は良く釣れる定番ポイントへ・・・。

いつもは魚を探してサイトフィッシングなんですが、濁りが出ていたのと魚が底のほうに居るらしく、
まったく視認する事ができなかったのでブラインドフィッシング・・・。

ここに居そうだな~ってところにスプーンを打ち込んでボトムバンピング。
数十投目で出ました。
f0200558_23123913.jpg

ロッドはいつものシマノ トラウトワンSP 5ft6inch UL、ラインは・・・5lb.で銘柄は忘れました(汗
ルアーはスカジットデザインズ社のJ.B.S 2.4gのゴールドベースに蛍光イエロー+オレンジです。
サイズは手ごろな40~50cmほどです。ガンガン突っ込みますがなんとか瀬に引きずり出してランディング。

そうこうしているうちにタカハシ氏にもヒット。
f0200558_23181349.jpg

サイズは私が釣ったのより少し大きめ。負けました。

という感じで本日は午前中でお開き。
今年最初の魚は鯉でした。やはり引きが強くて良いですね~。
3月に渓流が解禁になったらぜひともそちらにも行きたいと思います。
そして今年こそはなんとしても泊り込みにてサツキマス釣行を敢行したいところであります。

乞うご期待。

では。
[PR]
by massrod | 2015-02-14 23:23 | コイ | Comments(2)
60'sレーサーに倣う
 こんばんは。

先日、釣りとは別の趣味であるバイク弄りの勉強のために愛知県某所にあるとあるバイクカスタムショップへ行って参りました。
とはいっても60~70年代の古い車両でクラシックレーサーを製作しているような店ですので、
カスタムショップというようなお洒落なものとは違うもっと無骨で男心を空間であります。

今から半世紀前のレーサーは、当然のことながら空力のようなものは無く、タイヤも細いし排気量も小さいですから、
エンジンをとにかく高回転まで回して直線でタイムを稼ぐ乗り物でした。
レスポンスを高め、機械面のロスを極限まで減らすことで高回転までスムーズに回るものを作るそうです。
具体的にはOHC→ギアトレン方式に改造、ギアやフライホイール或いはカムシャフトの切削による軽量化や慣性の軽減など様々。

それらを色々と見せて頂いている際に、「これだ!」と直感しました(笑

ここでひとつ言っておきたいのは、私がリールに施そうとしている改造は、決して「釣れる」ものを作るためではないといんですね。
そもそもトーナメントだのエリアだの、特に「勝つためのリールチューン」みたいなそういう改造思想はあまり好みではないということです。釣りなんていうのは現代人にとってしょせんは遊びですし、自然相手ですから何事も時の運です。
つまり、釣るためというよりあくまで釣り道具の機械的な性能のみに主眼を置いて色々と弄っているわけです。
その機械的な性能と言うのも別に必要なものではないですし完全に自己満足の世界あるという事です。

で、なにをしようとしているかと言いますと、メインギアの肉抜き加工による慣性の軽減をはかり、
巻き始めのレスポンスを良くしようというものです。フライホイールの軽量化(=低慣性)によるアクセルレスポンス向上からヒントを得ました。

そして重心の問題です。以前からたまに書いていますが初代エメラルダス2506は重心が前寄りで非常に扱い辛いです。
トータルバランスで重心を後部へ持ってくるためにエアリティのローターを導入(2つ前の記事で書きました)、
ショートハンドル化(ハンドルスカートをアルミから削り出してあえて重量を増やす事により回転軸付近に重さを集中させ、ハンドルキャップもアルミ製にすることでカウンターウェイトを配置して左右のバランスを取る。ただこの方法はあまりスマートではないので思案中)。

これらの方法でなんとか重心を後部に持っていきたいですね~。
レーサー作りはトータルバランスだそうです。リール弄りもトータルバランスだなあぁと実感しました。

では。
[PR]
by massrod | 2015-02-10 19:49 | タックルいじり | Comments(0)

当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載は一切禁じます。悪しからず。

since 2009 march